ガジュマルの葉っぱを全部切ってみた

2018年6月23日

スポンサーリンク

ガジュマルの葉っぱが間伸びして葉の密集度がイマイチになってしまっていました。葉が少ないので何となくスカスカです。ガジュマルは葉がいっぱい生い茂る青々とした姿が理想ではないでしょうか。

日当たりの良い所に移動したり、土に肥料を与えても、枝は伸びていくのですがやはり全体の印象はスカスカです。
という事で、思い切って枝を全部切ってみました。カジュマルのリセットを試みてみましょう。
ガジュマル枝切り

大丈夫かって位に寂しい状態になってしまいました。ガジュマルは強いので、これくらいではへっちゃらです。でもやるなら春の暖かくなってからの5月頃からやるのが理想です。

置く場所はいつもはひなたに置いていましたが、枝を落とした後は日陰で管理します。2週間は日陰において強い刺激を避けます。水は通常通りで大丈夫でしょう。土の表面が乾いてからたっぷりと与えて下さい。2週間たったくらいで通常通り、直射日光の当たらない日向に移動してください。レースのカーテン越しの日向などがいいでしょう。約3週間もすると小さな葉がでます。すごい小さいですがわかるでしょうか?
ガジュマル枝切り2

葉が少しでも出ると安心ですね。この後は次から次へと葉っぱが出てきます。1ヶ月もすると大分出てきますよ。
カジュマル芽吹き

ちなみに最初に全部切った枝は挿し木にしてみました。切った枝は葉を2枚ほど残して余分な葉は落とします。枝の切り落とし部は斜めにカットしましょう。面積を多くして水の吸収を良くします。枝の切り口からは白い樹液が出てくるのでしっかりとふいて枝先をよく洗っておきます。その後、その挿し木を半日ほど水に浸けます。
カジュマル挿し木1
水にある程度浸けた後に土に挿します。2cmくらい土に挿して埋めました。あとは通常通り表面が乾いたら水をあげて普通に管理しています。さぁどうなることやら。成長を楽しみにしていきたいと思います。
カジュマル挿し木2

ガジュマルはかなり強いです。葉はグングン伸びてきます。若葉は徐々に厚くなって色も濃くなってきます。葉っぱの密集度もまあまあでしょう。

挿し木にしたものも新たに上から葉が出てきています。茎を持って軽く上に引っ張ってみても、ビクともしません。しっかり根付いているようです。

とりあえずはガジュマルの葉っぱ切りは成功でしょうか?引き続き成長を見守っていきたいと思います。