訪問鍼灸マッサージを5分で理解する

2017年11月14日

スポンサーリンク

みなさんは「訪問マッサージ・訪問鍼灸」についてどれくらいご存知でしょうか?

訪問鍼灸マッサージとは

病院や接骨院、鍼灸院などの医療機関に自分一人では通うことが出来ない方のために、患者さまのご自宅に訪問をして施術を行うサービスのことです。

訪問鍼灸マッサージは健康保険により施術を受けることが出来ます。介護保険で受けるサービスではありません。

訪問リハビリと混同されるかと思いますが、訪問リハビリとは別のものになります。訪問リハビリは病気や怪我の後のリハビリテーションを自宅で実施します。要介護認定(要介護1〜5)を受けている必要があります。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が実施します。

訪問鍼灸マッサージは身体の痛みや慢性的な症状などをマッサージや鍼灸などでその痛みや症状を改善していくものです。鍼灸マッサージ師が実施します。

訪問鍼灸マッサージを利用するには医師の同意が必要にならます。掛かりつけのお医者さんに訪問鍼灸マッサージを受けたい旨を相談し、同意書をもらいます。要介護の認定は必要ありません。歩行等が不自由で自分一人では病院などに通院出来ない状態であることも要件のひとつになります。

訪問鍼灸マッサージは介護保険を使わないので、介護認定は必要ありません。ご担当のケアマネジャーさんに依頼する必要はありません。直接、訪問鍼灸マッサージを行なっている事業者に依頼して構いません。

もし、辛い症状にお悩みで病院などに通う術が無いのであれば、訪問鍼灸マッサージをご利用され快適な生活を手に入れてみてはいかがでしょうか。