スネの内側が痛むシンスプリントを早く治す方法

2017年11月7日

スポンサーリンク

ランニングをしていてスネの内側が痛んで走れないという人がよくいます。これは『シンスプリント』と呼ばれるランニンング障害でほぼ間違いないでしょう。ランニングを始めたばかりの人に割と多く見られます。中上級者でも、中距離ランナーやスピード型のランナーに多く見られる傾向があります。

シンスプリントとは

シンスプリントとは脛骨(スネの骨)の内側に起こる脛(すね=Shin :シン)の痛みを主とする病変で医療機関などでは「脛骨過労性骨膜炎」と呼ばれることがあります。様々な解釈があり、広義的に脛骨外側の痛みやコンパートメント症候群、軽度の疲労骨折までも含めることもあります。
陸上競技やマラソンなどのランニング競技やバスケットボール、バレーボールなどの跳躍競技で痛めることが多い障害です。
はっきりとした発症メカニズムが判っていないようで、単に下腿前側の痛みをシンスプリントと呼ぶこともあります。まずは下記にシンスプリントのタイプをいくつか挙げてみたいと思います。

シンスプリントの原因として考えられているものの分類

シンスプリントは発生原因が確実に特定されていません。また広義的にスネの痛みのことを指すとなると、原因もまた様々なものになるでしょう。原因として挙げられるものをタイプ別にみていきます。

1.筋肉の収縮動作による骨膜刺激

後脛骨筋、長指屈筋、ヒラメ筋といった脛骨(スネの骨)の内後側を通過する筋肉が働く時に脛骨の骨膜(骨を覆う膜状の組織)を刺激し、炎症を引き起こします。筋肉と骨は『筋膜』という膜状の組織により結合しています。筋肉の過度な使用は筋肉とつながる骨膜を刺激することとなります。また、それらの筋肉やふくらはぎの筋肉が過度の緊張状態にあると筋肉の内圧が高まり炎症をより助長することにも成り得ます。

2.骨へかかる圧力による骨膜の断裂(疲労骨折前段階)

脛骨はまっすぐでは無く、わずかに反った形状をしています(前彎、外反)。その形状によりカーブの内側にあたる脛骨の内・後側部に圧縮力がかかり、その骨を覆う骨膜を圧迫します。脛骨の周りを支える筋肉の疲労により筋肉が体重や着地の衝撃をうまく吸収できない状態だと、脛骨により大きな力が加わり骨膜に微細な断裂が発生して炎症を引き起こします。この状態がさらに進行すると疲労骨折を起こす可能性があります。

3.アキレス腱炎の延長

シンスプリントの原因の筋肉であるヒラメ筋はアキレス腱に付着しています。アキレス腱炎と同様の発症メカニズムでアキレス腱よりも上の部位で炎症が発生するとシンスプリントと同様な痛みになることがあります。アキレス腱炎でも内側・上部型のものです。この場合、骨膜炎ではないので厳密に狭義のシンスプリントとは言えないかもしれません。ただアキレス腱炎とシンスプリントを混同して診断する先生はかなり多く存在します。厳密に骨膜の炎症なのか筋肉の炎症なのかを区別して判別する必要があります。でもシンスプリントの定義がはっきりとしていない限り、この辺の混同は仕方ないです。

4.筋肉付着部での骨膜の牽引

後脛骨筋やヒラメ筋などの足を底屈(ランニング時の蹴り)させる筋肉が収縮する際、筋肉の骨への付着部分で筋肉が骨膜を引っ張り、その力の繰り返しにより炎症を起こすという考えです。説明が簡潔なので、原因としてよく説明に使われます。でも、それら筋肉の付着部は発症箇所とは別の腓骨と脛骨の上方(膝に近い部位)であるので、シンスプリントの原因として使うには少し無理があるでしょう。筋肉との関連で言うならば上記1.の理論として説明すべきでしょう。

シンスプリントの症状

シンスプリントではすねの内側の中央から下にかけての部分に鈍痛があります。その箇所を指で押すと強い痛みが感じられます。初期の段階では走り始めに痛みを感じますが、走っているうちに痛みは消え、その後走り終えると再度痛みを感じます。ひどくなると腫れ、発赤、熱感などの炎症が見られ、歩くのも辛くなります。

シンスプリントになる原因

シンスプリントの原因はランニングなどでのいわゆるオーバーユースが主な原因です。ランニングや繰り返しのジャンプなどによる疲労により発症します。特にランニングの初心者や新入部員など、急激に運動量が増加した際に多く発症する傾向があるので、そういった人は特に注意が必要です。下腿の筋肉への過度な負荷や疲労状態により筋肉の柔軟性が低下し脛骨への刺激が増大し炎症や痛みが起こるのでしょう。

シンスプリントの主な発症原因

  • 過度の練習量(負荷の増大)
  • 練習環境の変化(堅い路面、靴底の摩耗)
  • ランニングフォーム(O脚、回内足、偏平足、オーバープロネーション)
  • 下腿筋肉の柔軟性の低下
  • 足関節の可動域制限

シンスプリントを治すには

シンスプリントの治療として、まずは運動量を抑えたり、完全休養をすることで負担の軽減をしていきます。痛み出して間もない急性期では患部が炎症を起こしているのでアイシングをしていきます。炎症が治まったら、主にふくらはぎにある筋肉の柔軟性を上げることに主眼を置きます。マッサージや鍼などがメインの治療になると思います。

下腿の内側・後側の筋肉の筋緊張を緩和

下腿内・後側の筋肉の過緊張により、脛骨の骨膜への刺激は強くなります。筋肉の柔軟性の低下や筋膜下でスムーズに滑動しない状態は筋膜と骨膜の結合部で過大なストレスが発生します。よって、下腿の筋肉の緊張を和らげることはシンスプリントを治療するのに有用です。マッサージや鍼により筋緊張を緩和していきます。同時に血流も良くなり新陳代謝も改善されます。治癒の促進に効果的ですし、疲労物質の除去などの効果も期待できます。

足関節の可動域の調整

足関節の動きが悪いと必要以上に下腿後面と内側の筋肉に負荷が掛かり仕事量が増大してしまいます。足関節の動きを付け、無理なくスムーズに足関節が動くよう関節可動域を大きくする調整が必要です。接地から蹴り出しへのスムーズな抜けが必要です。なかなか自分では出来ない動作ですので、スポーツ専門の治療院などの中で足関節の調整が出来るところを探して治療を受けましょう。治療を受けることが出来ないのであれば、手で足を持ち、足首回しや前後、左右に足関節を動かして可動性を保つようにしましょう。

ランニングフォームの改善

運動量の増加により下腿筋に負荷が掛かります。同じ練習をしてもシンスプリントを発症する人としない人がいます。体格、骨格の違いや関節可動域の違い筋肉の状態にもよりますが、ランニングフォームによる差が大きく影響します。ランニングフォームを見直していきましょう。

運動療法

シンスプリントの原因となる筋肉は主にふくらはぎにある下腿後面の筋群です。それら筋群の緊張を取る運動療法を行っていきます。ふくらはぎの筋肉と拮抗する筋肉を使う(収縮)ことでふくらはぎの筋肉は逆にゆるんでいきます。これを利用した運動を行います。立った状態であればつま先を立ったまま上げる。または膝を伸ばして座りつま先を手前方向に引き寄せるといった運動を行います。やり過ぎは禁物ですので注意をしながら行いましょう。

 

これらの治療法を総合的に行うことが競技復帰への近道です。なるべく一つの治療法に集中することなく上記のことを全体として実施していくことをお薦めします。